MySTに保存

車載用カメラ

概要
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
ソリューション
車載用カメラは、最高品質の映像やハイ・ダイナミック・レンジ(HDR)画像の提供、および車内外の視認性や周囲環境全体の認識の向上を目的とするオンボード・システムで、今後さらなる成長が見込まれています。
 

ドライバ・モニタリング・システム (DMS)

ドライバ・モニタリング・システム(DMS)は、ドライバを認識するだけでなく、その注意力をモニタリングし、居眠りの兆候などを検出します。高度な自動運転機能のサポートにおいてきわめて重要なシステムです。  乗員検出や、チャイルド・シートの使用状況、および姿勢分析にも活用できるため、非接触ジェスチャ制御機能や最高水準の安全コンセプトの実現、および運転支援機能のよりスマートな導入を促進し、インフォテインメント・インタフェースの機能を強化することができます。
詳細はこちら

リア・ビュー・カメラ

リア・カメラは、車両後部に設置され、車両をバックさせる際の運転支援、衝突防止、および死角解消に活用されます。高級車から大衆車まで広く採用されています。 STは、最先端のHDRイメージ・センサVG6640や、HD解像度でフリッカー・フリーの高画質を実現する多機能イメージ・シグナル・プロセッサ(ISP)STV0991などを含むリア・カメラ・アプリケーション向けの製品ポートフォリオを提供しています。リアル・タイム処理に対応しているため、コストのかかる外付けメモリは不要です。 魚眼補正、移動物体検出、経
詳細はこちら

高解像度赤外線カメラ

運転支援システムや自動運転システムは、視界不良や完全な暗闇の環境においても動作できる必要があります。 温度センサは、環境光のレベルに左右されず、照明を必要としない性質を持つため、視界不良や暗闇の環境においてきわめて有効です。また、他のセンサと組み合わせて使用することで、車両や人、動物、障害物など、周囲の物体を高精度で検出 / 分類し、自動運転車に必要な信頼性と冗長性の向上に貢献します。
詳細はこちら

車載用カメラ・システム設計向けソリューションおよびIC

STは、最先端のHDR CMOSイメージ・センサや、映像分析およびレンズ補正用ハードウェア・エンジンを搭載した多機能イメージ・シグナル・プロセッサ(ISP)、カスタマイズ性の高い柔軟なパワー・スキームをもち、自動車安全性要求レベル(ASIL)に適合する必要のあるアプリケーションを想定したマルチチャネル電圧レギュレータなどを含む包括的な製品ポートフォリオに基づき、最先端の車載用カメラ向けソリューションを提供しています。

1台の車両に多数のカメラを搭載

1台の車両に多数のカメラを搭載

車載用カメラは、主に駐車支援、走行支援、および車両性能評価に使用され、車線逸脱警報システム(LDWS)、前方衝突警報システム(FCWS)、および死角警報(BSW)といった最新のアプリケーションにおいて重要な役割を果たします。また、先進的なコンピュータ・ビジョン・アルゴリズムを組み込むことでマシン・ビジョン・システムを実現し、高度運転支援システム(ADAS)に大きく貢献します。 

政府規制の厳格化に伴い、商用車では大きさを問わず車載用カメラの採用が進んでおり、現在ではリア・カメラ、サラウンド・ビュー・カメラ、eミラー、ドライバ・モニタリング・システム(DMS)など、さまざまなソリューションに市場が細分化されています。