MySTに保存

産業システム向け通信ソリューション

概要
ドキュメント
ツール & ソフトウェア
ソリューション
産業システム向け通信ネットワークは、産業機器とコントロール・センター間のリアルタイム通信を利用して、スマート・マニュファクチャリングの実現を推進しています。これにより、プロセスや稼働状況をモニタリングして各工程の異常を見きわめ、問題を回避できるようになります。 インダストリアルIoTにおける代表的なアプリケーションである予知保全は、コネクティビティとデータ分析によって生産効率の工場や、コストの最適化に貢献します。センサを搭載した産業機器は、そのステータスや、他の機器やオペレータとの相互作用に関する重要な情報を収集します。この情報を、ネットワークを通じて処理センターに送信し、過去のデータや統計データと比較することで、パターン、反復、例外事象が特定されます。さらに、特定の入力と何らかの故障または非効率性との相関関係を明らかにすることもできます。 インテリジェント・ゲートウェイは、分割されたサブネットワークで構成された異なる通信プロトコル間のシームレスなインタラクションを実現します。これらは、エッジ・コンピューティングのノードとしても機能し、センサの生データを送信前に加工して精緻化することが可能です。

IO-Linkゲートウェイ

IO-Link通信ネットワーク(IEC 61131-9)は、アクチュエータおよびセンサ・レベルにまで至る双方向のポイント・ツー・ポイント・データ通信に使用することにより、データの前処理、センサ・パラメータの調整、および高度な診断を可能にし、Industry 4.0への道を開きます。 STは、IO-Linkトランシーバ、STM32マイクロコントローラ、プロテクション・デバイスなどの幅広いソリューションを提供して、静電放電(ESD)、バースト、およびサージ耐性に関するIEC 6100の要件への適合を
詳細はこちら

フィールドバス & 産業用イーサネット

Industry 4.0およびインダストリアルIoTアプリケーションで幅広く使用される有線通信テクノロジーは成長を続けており、ヒューマン・マシン・インタフェース、プログラマブル・ロジック・コントローラ、産業機器、I/O、ドライブ、アクチュエータ、センサに接続するために、従来のフィールドバスからEthernetベースのバスへと進化しています。IIoTにおける通信チャネルは、数種類のデータをさまざまなレベルの確定性や遅延時間で送信する必要があります。TCP/IPによる標準のEthernetでは、この
詳細はこちら

ワイヤレス / 非接触通信(RFID / NFC)

ファクトリ・オートメーション、とりわけIndustry 4.0の枠組みでは、より高度な接続性、柔軟性、設定の自由度、サービス性が求められています。これらの分野では、NFC技術の活用が、大幅な機能拡張に役立ちます。STは、NFC/RFIDタグIC、ダイナミックNFCタグIC、NFC/RFIDリーダライタIC、包括的な開発エコシステムなど、幅広いNFCソリューションを提供しています。
詳細はこちら

産業用ゲートウェイ

Industry 4.0におけるデジタル化の進展に伴い、産業用ゲートウェイは重要な役割を担っています。産業用ゲートウェイは、複数の有線 / 無線センサ・ノードからデータを収集し、クラウド・アプリケーションや状態モニタリング・システムに送信してデータ分析を実現します。また、さまざまなネットワーク・テクノロジー間のブリッジとして、各種センサをインターネットに直接接続させるだけでなく、エッジ・プロセッシングによりルール・ベースの分析を行い、システムの消費電力およびネットワーク帯域幅の削減に貢献します。
詳細はこちら

OT(Operation Technology)ネットワークとIT(Information Technology)ネットワーク

OT(Operation Technology)ネットワークとIT(Information Technology)ネットワーク

OTネットワークは、オートメーションと関連付けられ、水平方向のデータ・フローを特徴としています。高い信頼性を備え、干渉が大きく厳しい環境においても、中断することなくデータ送信を行う必要があります。ITネットワークは、一般的に垂直方向に位置付けられ、エンド・ユーザに高い送信レートでサービスを提供するように設計されています。

当初、産業システム向け通信ソリューションは、EtherCATやPROFINETなどの独自のフィールドバスおよび産業用イーサネットソリューションに限定された有線プロトコルによって開発されました。現在は、これらのプロトコルを無線通信とともに1つの規格に集約する傾向にあります。また、高い信頼性を持ってセンサ・データにアクセスする必要があり、これに対してはIO-Linkが特にうまく対応しています。

STのソリューション(有線トランシーバ、無線、マイクロコントローラのエッジ・コンピューティング、セキュリティなど)

STは、進化を続けるIndustry 4.0に対応するため、さまざまなマイクロコントローラ(マイコン)、パワー・マネージメントIC、車載用通信トランシーバを開発・製造しています。これらの製品は、センサからクラウドへの通信のための多くの有線 / 無線に対応できるように設計されています。また、STは、独自のEthernetプロトコルに幅広く対応、産業用ゲートウェイ・ソリューションの迅速な設計をサポートするために、戦略的パートナーシップを構築しています。開発者は、RS232、RS485、Ethernet、Sub-1GHz、2.4GHzなどのさまざまな有線 / 無線インタフェースに対応するSTM32マイコンおよびSTM32MP1マイクロプロセッサを利用することができます。

STは、クリティカルな安全性およびセキュリティ向け要件に対応するため、専用のライブラリとチップセットの開発にも注力しています。苛酷な製造環境で発生するサージおよび過電圧障害からハードウェア・インタフェースを守る、堅牢な保護機能にまで及んでいます。